Archive for the '野菜' Category

9月 15 2009

Profile Image of sato

トウモロコシ

Filed under 野菜

買ってきたらなるべく早く調理する事です。
トウモロコシは収穫後24時間たつと栄養が半減し、味も落ちます。
買ってからしばらく置いておくと水分がどんどん抜けていき、食べてもホント美味しくなくなってしまうのです。
鮮度が大切です!
 
いろいろな種類があり、フルーツと同じような甘みをもった品種やポップコーン用の品種もあります。
ポップコーンの品種は爆粒種と呼ばれ、加熱すると粒の中の微量な水分が爆発し、破裂するんです。
 
ひげは知ってました?
めしべの花柱で、その本数は実の数と一致するんです。
 
新鮮なものの見分ける方法として、皮の色が濃い緑色のもの。
ひげが褐色なら、よく熟している証拠。
実は先までつまっていて、ふっくらツヤツヤしているもの。
実が縮んでいるものは問題外。
 
保存方法は、基本的にはそのままはあまりもたないです。
塩茹でし、冷蔵庫に入れて3日間以内で食べるか、茹でたものを冷凍保存しておく。
 
トウモロコシ

No responses yet

9月 15 2009

Profile Image of sato

ゴーヤ

Filed under 野菜

夏場の代表的な野菜。
ここ数年はどこでもゴーヤは売ってますが、以前はホント沖縄の野菜ってイメージが強かったですよね。
苦みが強いので、苦手な方もいますが最近は結構好き!っていう方が増えました。
特に女性は好きな方が多いですね。
苦いのが駄目な方には油で炒めるなど、火を通してあげると食べやすくなる。
生食で苦みを軽減させたい方は、塩もみをすると若干苦みが減る。
 
ゴーヤは収穫してから時間が経ったり、収穫時期が少しずれると中の種が赤く熟している時があります。
この熟した赤い種は甘みがあって、デザートにも使われる事があったみたいです。
 
新鮮なものの見分ける方法として、全体的に鮮やかな緑色で黄色く変色してなく、重みがあるもの。
イボイボがしっかりしているもの。
 
保存方法は、種とワタを取り除きラップにくるんで冷蔵庫へ。
長期保存を考えるならば、サッと塩茹でし冷凍庫へ。
また漬け物にするなども良いです。
 
ゴーヤ

No responses yet

9月 15 2009

Profile Image of sato

ズッキーニ

Filed under 野菜

キュウリっぽいですが、実はペポカボチャの仲間。
ズッキーニは開花後5日~7日の未熟果を食べる。
甘みがあって、淡泊な味。
油との相性がよく、煮込み料理にも使う。
クタクタ系に煮込むのもお勧め。
 
イタリアなどではズッキーニの花を揚げたり、蒸すなどして食べる。
 
新鮮なものの見分ける方法として、太すぎず皮にハリとツヤがあってなめらかな状態のもの。
 
保存方法はラップにくるんで冷蔵庫で。
痛みやすい野菜の為、買ってきたらなるべく早く食べる事。
カットしたものは切り口から変色してきます。
痛んでくると、溶けて悪臭を放ちます・・・。
 
ズッキーニ

No responses yet

9月 15 2009

Profile Image of sato

カボチャ

Filed under 野菜

大きくわけると、日本カボチャ・西洋カボチャ・ペポカボチャの3種類に分ける事が出来る。
体を温める効果がある為、冷え性の方にはお勧め。
また身より皮の方が栄養がある為、皮ごと調理するのがお勧め。
 
丸ごとスーパーなどで買ってきた場合は涼しいところに置いてもらえれば、長期保存が可能です。
ですが、カットしたものはワタの部分から痛んできます。
買ってきたら、カットものはなるべく早く使ってもらいたいですが、もし数日保存する事になったらワタを取り除いておいた方が痛みにくい。
ワタが痛んでくると身まで痛ませる事になってしまいます。
伝染しますので、ご注意下さいね。
 
新鮮なものの見分ける方法として、丸ごとの場合ヘタが枯れて乾き、まわりがくぼんでいるものが完熟している証拠。
でもなかなか丸ごと買うことは少ないと思います。
カットものは果肉に透明感が出ていない事、ワタが痛んでないもの。
 
保存は丸ごとの場合は涼しいところで常温保存。
カットものはワタ・種を取り除いてラップでくるみ保存。
長期保存を考えるなら、やっぱり冷凍ですね。
 
カボチャ

No responses yet

9月 15 2009

Profile Image of sato

獅子唐辛子

Filed under 野菜

辛味がない唐辛子。
 
でもたまに激辛の獅子唐辛子にあたる時があります。
辛いものを完璧に見分ける方法はないんです。
いろんな事を言われてますが、その年の気候や雨量によって変わるみたいですね。
暑い夏で、雨が少なかった年には辛い獅子唐が多いとか。
 
調理の際には獅子唐辛子に穴をあけて、破裂しないように下処理をしておきます。
 
新鮮なものの見分ける方法として、表面にハリがあり緑色が綺麗なもの。
 
保存はパックから出して、袋に入れるかラップにくるんで保存。
 
獅子唐

No responses yet

« Newer Posts - Older Posts »